ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

四国へ渡るのにフェリーを利用するワケ[南海フェリー]

【スポンサーリンク】

f:id:ktrw3200:20170807175308j:plain

先日、「南海フェリー」に乗ってきたんですよ

今更、フェリーですか?

高速バスとか、電車のほうが良いでしょ!

それが、意外とフェリーも良かったんですよ~

 

先日、徳島の旅行から大阪へ帰ってきました(旅行の内容は後日記事にします)。

大阪から四国へ渡ると聞けば、まず頭に浮かぶのは「橋」ですよね。そうです、本州と四国はは3つのみち(明石海峡大橋&大鳴門橋、瀬戸大橋、しまなみ海道)で繋がれています。そのため、よく利用されている交通手段は自動車・高速バスですよね。また、瀬戸大橋には電車(快速マリンライナー)が約30分間隔で運行されています。

ですが、大阪から徳島へ渡るのに利用した交通手段は

フェリー

です。

大阪難波から徳島まで2,000円で行けるということなので、実際にフェリーを利用してみた感想をお話しします。

和歌山港へ向かう

南海フェリーは和歌山港と徳島港を結ぶフェリーです。というわけで、なんば駅から南海線でフェリーのりばがある「和歌山港駅」に向かいます。

f:id:ktrw3200:20170807140346j:plain

乗るのは20:20発特急サザン和歌山市行きです。特急サザンは一部が指定席で指定席以外の席は、特急券なしで、普通の切符だけで乗れます

友達が、どうしても指定席じゃないとだめだというので、しかたなく510円払って指定席に座ることにしました。

指定席のシートはリクライニングがついてて、結構ゆったりすることができます。1時間ぐらい乗るので、お金に余裕があれば乗ってもいいかと思います。

 

和歌山市に到着したら和歌山港行きの電車に乗り換え、和歌山港駅に到着です。

電車の扉が開いたとたんすごい海の匂いがしました。

和歌山港駅から、フェリー乗り場までは、連絡通路がありますし、そんな長い距離はありません。

f:id:ktrw3200:20170807141737j:plain

動く歩道もあります。

 

和歌山港についた時刻は21:30頃。ここから深夜便(第2便 2:40発-4:55着)のフェリーにのるので、約5時間待機室で、待つことになります。

フェリーの待機室は長いイスが4つぐらいならんでいて、人も少ないので、一緒に行った友人はそこで寝転んでいました。

乗船

フェリーには15分前から乗船することができます。

f:id:ktrw3200:20170807164752j:plain

和歌山港の周りにはコンビニすらも無いので、かなり暗いです。

 

フェリーには、

  • カーペット席
  • イス席
  • テーブル席
  • ビジネス席
  • グリーン席(+500円 ※時期により1000円)

があります。

f:id:ktrw3200:20170807164221j:plain

カーペット席、ビジネス席にはコンセントがあり、使うことが出来き、Wi-Fiも無料で使うことができます。

売店や自販機、カップラーメンの自販機も置かれていました。

 

フェリーって結構揺れがすごいですね。それも、車や電車と違って、縦の揺れなので、重力がかかり、船内は歩き辛かったりします。酔いには注意してくださいね。

 

僕達はカーペット席で寝ることにしましたが、このときは、深夜便に乗ったせいか、10人ほどしか乗っていなくて、結構快適に寝れました。

ですが、起きた時エアコンが効きすぎていて結構寒かったので、その対策はしておいたほうがいいと思います。

到着

f:id:ktrw3200:20170807165749j:plain

和歌山港から徳島港までは、約2時間です。寝ていたのですぐでした。

 

f:id:ktrw3200:20170807165831j:plain

和歌山にいたときは暗くてあまりわかりませんでしたが、フェリーって大きいですね!

 

徳島港から徳島駅まで

徳島港はここ↑。

徳島港から、徳島駅まではかなり距離があります。ここから、徳島駅まで市営バスが走っているのですが、この時間の便はありませんでした。

というわけで、タクシーを呼びました。

20分ぐらいで着き、1,000円ぐらいで行けました。

感想

「とくしま好きっぷ2000」を利用すれば、大阪の難波から徳島まで2,000円で行けます。

車を運転される方なんかは渋滞なんかに左右されず、ゆったりとくつろぐこともできます。車を運転しない方でも、高速バスで4,000円程掛かると考えれば、フェリーに乗るもの悪くないかと思います。

また、この南海フェリーの年間で休航になる割合は1%にも満たないとのこと。

本州と四国を結ぶ橋が完成し、本州と四国を結ぶフェリーの存在も薄れてはいますが、フェリーをを利用してみるのはどうでしょうか。

▶南海フェリー:和歌山港〜徳島港を結ぶ南海四国ライン

編集後記

台風来るのが1日早かったら今回の旅行は全部パーになってました

そういうときは波が高くなりますもんね

そのようなことがおこならなければ、車のように渋滞にも悩まされず、時間通りに着いてくれます

フェリーいいかも♡

ほぼ定刻通りに着くし、休航になるのは1%にも満たないようです。

ぜひ皆さんも、フェリーでゆったりとした旅を!!