ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

夜更かししてしまう理由を考える

【スポンサーリンク】

f:id:ktrw3200:20171123011143j:plain

今日も眠いね!

今日もいつも通り学校に行きました。それにしても今日は眠かったです。

理由は説明するまでもない、あまり寝ていないからである。そう、夜更かしした。

 

f:id:ktrw3200:20171122231022p:plain

 

f:id:ktrw3200:20171124211140p:plain

 

とはいえ、夜更かしは今回に限ったことではない。よくすることだ。

 

今回は、夜更かしをする理由について考えてみることにしました。

 

 

夜更かしする理由とは

結構前にこんなツイートがされた。

 この方が言うには、「今日に満足していないから」夜更かしをしてしまうらしい。

この意見に賛同する人も多い。それは、リツイート数・いいねの数・リプライを見れば明確だ。

 

だが、多分、僕が夜更かしする理由はこれではないと思った。

 

そう、僕が夜更かしする理由。それは、

とんでもな勢いで流れてくる情報を消費しなければいけないから。

 

f:id:ktrw3200:20171122001724j:plain

インターネットという蛇口を通して流れ出した膨大な量の情報を、溢れまいと僕は消費しなければいけない。

 

f:id:ktrw3200:20171122231404p:plain

これは僕がよくつかうアプリを置いているページのスクリーンショットだ。

  • LINE(SNS)
  • Feedly(RSSリーダー)
  • Twitter(SNS)
  • Instagram(SNS)
  • ニコニコ動画(動画投稿サービス)
  • Youtube(動画投稿サービス)

この中で5つのアプリに共通すること。それは、だれもが情報を投下できるサービスであること。そして、それがいつでもできる。

 

僕は今、ツイッターで約1500人(3アカウント合計)、インスタグラムで70人の方をフォローしている。

ツイッターを開けば、1500人が投下した情報が流れ出す。

インスタグラムを開けば、70人が投下した情報が流れ出す。

Feedlyでは44のサイトを登録しているので、44のサイトの情報が流れ出す。

数時間ほっておけば、何百ものエントリーが貯まる。

 

詳しく見るかは別として、自分の興味のあるコンテンツを探るために、すべてのコンテンツを汲み取らなければならない。

 

さらに興味のあるコンテンツがあれば、今度は自分が発信者側に回って、ツイッター・ブログで情報を発信する。

 

そうしているうちに、どんどん寝る時間は搾取されていく

これが僕の夜更かしの原因。

f:id:ktrw3200:20171122233920p:plain

僕を夜更かししなければ行けない体にしたのは時代のせいか

f:id:ktrw3200:20171123003025p:plain

「とんでもな勢いで流れてくる情報を消費しなければいけないから。」

 

先程「~しなければいけない」という義務の表現を使ったが、この表現は不適切だっただろうか。僕はそうは思わない。今日ではこれが義務と化しているといってもあながち間違えとは言えない。

 

高度情報化社会が一般化している今、インタネットと触れない人、触れることが少ない人のことを「情弱(情報弱者)」と呼ばれることがある。

 

情報と通じることが当たり前とされた今、インターネットと触れない人は社会的・経済的にも格差が生まれ、社会から放置されるという現状にある。

 

このような社会で、情報と通じ合うことはもはや義務と言っても過言ではないのだ。

 

編集後記

デスクトップがいらすとやの素材でいっぱいになる(←ブロガーあるある)

f:id:ktrw3200:20171123004916p:plain