ぷちゅ的

好きなことをただやるだけ。

最近、世で盛り上がっている"将棋"にハマってしまった件

f:id:ktrw3200:20180120000003j:plain

みなさん。久しぶりです。ぷちゅんです。最近、忙しくて(主にココナラ関係)ブログを更新できなくて申し訳ないです!

 

いきなりなんですけど...

 

今、将棋がすごくアツいんです!!

 

 

 

僕の中で!!

 

 そういうことです。

 

某アニメの影響で...

「今、ぼくの中で"将棋"がアツい」ということですが、将棋をやろうと思ったきっかけは、あるアニメの影響です。

 

 

りゅうおうのおしごと

f:id:ktrw3200:20180120220823j:plain

TVアニメ「りゅうおうのおしごと」HPより引用

 現在放送されている「りゅうおうのおしごと」というアニメを見て「あ、将棋やりたい」って思ったわけですよ。僕、影響されやすい人なので。

 

将棋界最高のタイトル「竜王」になった16歳の少年・九頭竜八一の家に、彼を「お師匠さま」と慕う9歳でJS(女子小学生)の雛鶴あいが押し掛けてきた!? 当初は追い返そうと考えるのだが、あいの中に才能の片鱗を感じた八一は、清滝師匠の進めもあって、ひとまず春休みの間と区切って彼女を内弟子に迎え入れることになる。こうして竜王・九頭竜八一とその弟子・雛鶴あいの物語が始まるのだった。

TVアニメ「りゅうおうのおしごと」-第一局紹介文より引用

 

将棋を知らなくても一回は耳にしたことがあるであろう「竜王戦」。その決勝戦、九頭竜八一(くずりゅうやいち)の対局を見た小学生の雛鶴あい(ひなつる)は、「先生のようになりたい!」と将棋の道に志す。

 

そして、いろいろあって九頭竜の家に、家出して来てしまったという感じです。

 

 

結構、キャラが個性的だったりして面白いです。

 

あ、ちなみに私はロリコンではないので、あしからず。

 

 3月のライオン

こちらも現在放送中(第2期)の将棋アニメです。

 

 

 時間があれば見ようと思います。

6年ぶりに将棋する

将棋を初めてするわけではなくて、6年前ぐらいによくおじいちゃんと将棋を指していました。

今となっては、おじいちゃんの家に行くことも少なくなり、将棋も長い間やってませんね...

 

そういえば、小6の時将棋部に所属していましたわw

 

と、それから長い年月が経った今、再び将棋を始めたわけです。

 

やっていたのが小学生の時だったというのと、長い間やっていなかったというのもあり、戦略とか全然覚えいないのですが、少しずつ勉強している真っ最中です。

 

将棋の面白いところ

戦略的

将棋では「戦略」というのがとても大事になっています。オセロのように自分の色の石を増やすことだけを考えるのとは違って、3手先、5手先、さらには7手先のことを読んで戦略的に攻めます

 

なんとも奥の深いものです。

 

集中できる

先程言った通り、将棋は3手、5手先...のことを考えて駒を動かすので、とても集中力が必要となります。

あまりにも集中しすぎて気付けばかなり時間が経っていたり...。僕も、電車の中で将棋をしていたら、乗り過ごしそうになりました^^;

 

そんなこともあって、対局で勝利したときの達成感がすごいです。

逆に、負けてしまったときの口惜しさは半端じゃないです。

「あ~なんであの駒を動かしちゃったんだよぉ」とか自分に悔しくなります。

 

実力勝負

将棋に運など関係ありませんっ!

トランプでするゲームや麻雀などと違い、全てにおいて実力勝負なのです。(運も実力の内は置いといて)。

 

チェスのように引き分けというのが無く、「勝ち」「負け」で勝敗がくっきり

とつくのも面白いですね。

 

将棋ブーム来てる!?

最初に、自分の中で将棋ブームと言いましたが、最近は世の中でも将棋に注目が集まっているのではないでしょうか。

 

天才中学生棋士 藤井聡太さんの登場や、将棋7大タイトルを制覇した井山裕太さん。そして「ひふみん」の愛称でおなじみの加藤一二三さんなど、なかなか将棋界が盛り上がっていると感じます。

 

今や将棋もスマホで手軽にできるようになりました。ぜひ皆さんも一度将棋に手を出してみてはいかがでしょうか。

 

編集後記

井山裕太氏は囲碁かっ!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】