ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

人身事故、多くない? ~死という選択~

【スポンサーリンク】

 

f:id:ktrw3200:20171017232539j:plain

昨日に続き、今日も電車の中でブログを書いています。

 

 

今日の議題はこれ、

「人身事故、多くない? ~死という選択~」

 

 

先週の3連休明けの火曜日から、

「△△鉄道の〇〇線が遅延しています。」

といった内容の通知が多く来るように思える。

実は、今乗っている電車も少し遅れている。

 

 

電車の遅延、運転見合わせの原因として、車両の故障、急病人の救護などが挙げられるが、その中でも特に目立つのは「人身事故」だ。

 

人身事故

電車は、人間が作り、動かしているものなので、故障するのは当たり前だし、急病なんて、いつなるかわからない。

 

 

では、人身事故はどうだろうか。

走ってくる電車に自分から飛び込み、死ぬ

人生に終止符を打つための手段の一つだ。

 

人身事故は最悪な自殺の手段だと思う。

まず、乗客にも迷惑を掛ける。例えば、今日あった阪急線での人身事故の影響で、授業に遅れてくる友達もいた。

そして、家族には鉄道会社からは多額の賠償請求されるようだ。

さらに、その電車を運転していた運転手はどうだろうか、「人が死んだ」だけでは済まないだろう。「自分が人を殺してしまった。」こうなるはずだ。運転手にはものすごいショックと重い責任感を持つことになるだろう。

 

 

本当にこれでいいのか?

たくさんの人に迷惑を掛ける人身事故だが、悪いのは自殺という手段を選んだ人では無いのではないかと思う。悪いのは自殺を選ばせた社会だ。

 

人身事故の背景には会社・学校での関係など、何かしらの問題がある。

 

人身事故と話は変わるが、

ニュースで衆議院選の立候補者の演説を見ていて思うのだが、原発のある日本も確かに不安だと思う。しかし、僕は長時間労働などによる過労死といった労働問題が起こっているという社会に不安を抱いている。

 

このままでいいのか?

 

編集後記

全然記事の内容繋がってなくね?って感じですけど、その通りだと思いますw。