ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

【完全版】"5つの色使いテクニック"これさえできれば、なんとかなる。

【スポンサーリンク】

f:id:ktrw3200:20171025232200j:plain

色には結構こだわる系工高生のぷちゅんです。

ポスターやチラシからスライドやWebデザイン、すべてに置いて重要なのが「色」という要素。色使いによってイメージは180°変わります。誰しもが困ったことがあるであろう、色の決め方。

 

今回は、そんな「色使い」についてのテクニックをご紹介します。色使いは、様々なとことで必要とされるスキルです。この記事がみなさんの参考になればと思います。

 

 1.色で伝える

f:id:ktrw3200:20171029202614j:plain

それぞれの色には"イメージ"があり、適切な配色をすることで、より伝えたいことが伝えやすくなります。

 

例えば、赤だったら「情熱的」もしくは「危険」と捉えることができます。

他にも、

  • 黄色なら、元気・注意
  • 緑なら、安全・静か
  • 青なら、冷静・低下

 

このように、それぞれの色の"イメージ"をよく理解することができれば、伝えたいことを視覚的に訴えることができ、見る側も理解しやすくなります。

 

2.カラフルにしすぎない

f:id:ktrw3200:20171029202631j:plain

白と黒だけでは、重要な部分が目立ちにくくなったりして良くないのですが、だからと言って、あれもこれもとたくさんの色で装飾してしまうと、かえって見づらくなってしまいます

 

適切な色使いは「背景色」「基本色=文字の色」「メインカラー」「強調の色」の4色がちょうどいいといったところでしょう。

 

このブログでは、背景色に 、基本色に 黒に近い灰色、メインカラーに 水色、強調の色に オレンジを使っています。

 

3.原色は使わない

f:id:ktrw3200:20171029202647j:plain

原則として、原色はあまり使わないようにしましょう。原色を使ってしまうと、派手になりすぎて、見づらくなってしまうのです。

 

白や黒がかかった、落ち着いた色をチョイスしよう。

 

4.色の組み合わせを意識しよう

f:id:ktrw3200:20171029202730j:plain

色の組み合わせを考えるのはとても難しいことです。ここで紹介する色の組み合わせかたをマスターし、より見やすいものにしましょう。

同一色相

f:id:ktrw3200:20171029200721p:plain

同一色相とは同じ色相の色のことです。

メリット
  • 色の数を少なくできる
  • シンプルな配色
  • 色が調和しやすい

このように、同一色相の色の組み合わせを使うことで、シンプルな配色になるでしょう。

ポスターやスライドなどの色使いには向いている配色だと思います。

 

類似色相

f:id:ktrw3200:20171029200712p:plain

類似色相とは色相環上で近くにある色のこと。

メリット
  • 色の数が少なく見える
  • シンプルかつ鮮やか
  • 色が調和しやすい

先程の配色と違って、彩度が同じで色相が違う色 を使うことでシンプルかつ、鮮やかな配色となります。

 

色でイメージを主張しつつも、シンプルなデザインになるこの組み合わせは、企業のロゴなんかでもよく見かけますね。

 

対立色相

f:id:ktrw3200:20171029200717p:plain

対立色相とは、色相環で反対側にある色のこと

メリット
  • 色を見分けやすい
  • 賑やかな見た目になる
  • 色を強調できる

同一色相・類似色相とは違い、対立色相では、全く違う色の配色をすることにより、一部分をより目立たせることができます。

 

こうすることで、文章中の強調部分が見やすくなるので、このブログで使用している色もこの組み合わせです。

 

5.目立つ色と目立たない色

f:id:ktrw3200:20171029204257j:plain

色には、目立つ色と目立たない色があります。それらを理解した上で配色することにより、人の目の動きを操ることもでき、視覚的に理解しやすくなります。

明るい色と暗い色

赤や黄色のような明るい色は、特に引き立って見え、緑や青のような暗い色は目立ちにくくなります。

 

原色と濃い色・薄い色

原色と濃い色、原色と薄い色ではどちらも原色のほうが引き立って見えます

 

 

以上、色使いのルールでした!!

みなさんはこの記事を見てどう思いましたか?

是非、これらの色使いテクニックを使ってみてくださいね~

 

編集後記

この記事書くのにめちゃくちゃ時間費やしたZE。ねむ。

 

参考文献

高橋佑磨・片山なつ(2014)『伝わるデザインの基本』技術評論社