ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

フリーソフトで作るええ感じのアイキャッチ画像

【スポンサーリンク】

f:id:ktrw3200:20171213232355j:plain

みなさんブログやYouTubeのアイキャッチ画像・サムネイルはいつもどうしていますか?

 

あまり重視しない人、記事・動画の顔になるものだから凝りたいぜ!という人

人それぞれだとは思いますが、僕の場合は、文章力・魅力的な個性も兼ね備えていないので、ならアイキャッチ画像で頑張るしか無いって感じで凝ったりもしています。

 

 

記事投稿時には凝れなかったアイキャッチ画像も時間があれば、新しく作って差し替えたりもしています。

 

f:id:ktrw3200:20171208003639j:plain
f:id:ktrw3200:20171208003645j:plain
左:画像差替前 右:画像差替後

このアイキャッチ画像なんかは、前々から変えようと思っていたのもありますが、見てくださる方が多い記事なので、いつもより凝ってつくりました。

 

右下の電車のイラストなんかは、完成後の画像では1両とちょっとしか写っていないものの、作成の行程では1編成すべての車両(全8両)を作成しましたw

f:id:ktrw3200:20171208004312p:plain

 

過去最高に時間をかけたアイキャッチ画像

f:id:ktrw3200:20171202000538j:plain

これは先日投稿した記事のサムネイルですが

過去最高に時間をかけてアイキャッチ画像を作成しました。

 

僕の場合は良いアイキャッチ画像を作ってたくさんの人に見てもらいたい気持ちもあるのですが、こういうのを作るのが好きってのも大きいです。むしろそっちの方が。

 

作成行程

特に難しい技術とかは使っていなくて、練習すれば誰でも出来ます。あとは発想力。

使用したのはフリーソフトのみです。

 

1.ペイントソフトでメイン画像を作る

f:id:ktrw3200:20171209002639p:plain

こんな感じで図形を組み合わせて作っていきます。後々編集しやすいように色は原色を使っています。

 

使用しているソフトは「Paint.net」。フリーソフトなら「GIMP」とかもあるけど、僕はこれを使っています。有料ソフトならAdobeの「Photoshop」とかがあるけど、あれは重い。

 

ちなみに、このような図形や線を組み合わせて作った画像は、「Illustrator」などのベクター系のソフトを使ったほうがいいです。

 

2.エフェクトを付ける

メイン画像が完成したので、次はその画像に発光などのエフェクトを追加していきます。Adobeの「After Effects」ならもっとすごいことができるのかも。

 

エフェクトを追加するのに使うソフトは動画編集ソフトの「AviUtl」です。

 

f:id:ktrw3200:20171213230431p:plain

なぜ、動画編集ソフトを使ったのかというと、レイヤーの管理がしやすいから、画像編集ソフトだと、レイヤー一つ一つにエフェクトをつけていかないといけないのが、AviUtlだと、すべてのレイヤーに適応といった操作ができます。

 

3.3DCGで加工

次に行ったのは3DCGによる加工です。「brender」などが有名どころですが、今回使用したのは「MMD」。二次創作とかによく使われています。興味があったら調べてみてね。最近ではAdobeの「Dimension」が注目を集めてたりしてる。

 

 

f:id:ktrw3200:20171213230833p:plain

ディスプレイのモデルは、「G-Tune」が公開しているものを利用しました。

モデルはいろんな方が作って公開されています。MMDではアニメキャラのモデルが多いのも特徴の1つです。

 

 

brenderよりかはかなり機能が制限されてしまいますが、レンダリングをできるだけはやく終わらせたかったからやめました。

 

 

f:id:ktrw3200:20171202000538j:plain

というわけで完成!

運営報告という文字は、Paint.netで入れました。

 

と、まぁこんな感じでアイキャッチ画像を作っています。

参考にはならなかったと思いますが、是非、みなさんもアイキャッチ画像に凝ってみてはいかがでしょうか。

 

 結論

Adobeのソフトが使いたい

 

編集後記

でも有料ソフトと同等のことができるフリーソフトの作成者さんもかなりすごいと思いますね。いつもお世話になっております。